2005年07月24日

[会議室]

男性は部屋が大きいほど穏やかになり、小さいほど緊張するのに対し、女性はその反対で小さいほど和やかになり、大きいほど緊張するという調査結果があるそうです。

そのため、大きさの違う部屋で裁判を行うと、男性の場合、部屋が大きい時は判決が甘くなり、小さい時には厳しくなった一方で、女性の場合はそれが反対になるのだとか。

圧倒的に男性が多い司法界においては、地方裁判所から高等裁判所、最高裁判所へと裁判所が大きくなればなるほど、判決が甘くなるということになります。

1審で負けても、どんどん控訴、上告すべきだということですね。

一方、会議においては、男性の場合会議室が小さい方が緊張するため会議に集中し、意見のやり取りが多くなるのに対して、女性の場合は会議室が小さいと和やかなムードになり、曖昧な結論で終わることが多いのだそうです。

個人的には部屋の大きさより、議論をする人数のほうが関係すると思うのですが、国会も25mプールぐらいの大きさでやった方が活発になるかも知れませんね。
いっぽう、女性議員は和やかになっちゃい…ませんね。きつくて。




posted by molten at 10:55| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。