2005年08月11日

[夏のはまぐり]

今日はクイズです。

大阪、上方落語では「しゃれ言葉」というのが存在します。
有名なのは、「アリが10匹で『ありがとう』」というもの。

では、次のしゃれ言葉の意味は何でしょう?

1.赤子のションベンで、『?』

2.蚕のションベンで、『?』

3.牛のおいど(尻)で、『?』

4.黒犬のおいどで、『?』

5.うどんやのカツオで、『?』

6.妹の嫁入りで、『?』

7.四国の日和で、『?』

8.ところてんの拍子木で、『?』

9.八月の槍で、『?』

10.夏のはまぐりで、『?』
答えはこの下です。


では、答え。

1.赤子のションベンで、『ややこしい』
 →赤子は関西弁で「ややこ」、ションベンは「しー」ということで。

2.蚕のションベンで、『くわしい』
 →上と同じパターンです。蚕といえば「桑(くわ)」。

3.牛のおいど(尻)で、『ものしり』
 →牛で「モー」の「尻」。ちょっとため息が聞こえてきました。

4.黒犬のおいどで、『おもしろぅない』
 →黒犬ですから、尾も白くない、おもしろぅない…。

5.うどんやのカツオで、『だしぬかれた』
 →ダシを取られた後の鰹です。

6.妹の嫁入りで、『ねぇと相談』
 →「姉と相談」→「ねぇと相談」→「値段と相談」という意味。

7.四国の日和で、『あわてる』
 →四国といえば「阿波」。で「照る」。「阿波照る」です。

8.ところてんの拍子木で、『おとなしい』
 →そのままです。

9.八月の槍で、『ぼんやり』
 →8月なので「盆」。で「盆槍」。

10.夏のはまぐりで、『みぃくさって、かいくさらん』
 →夏なので腐りますが、中身は腐って、貝殻は腐りません。
  つまり「見ぃくさって、買いくさらん(見るだけで買わない)」という意味。うまい!!

…今日はこんな感じで。おあとがよろしいようで。


posted by molten at 12:49| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。