2005年08月13日

[左利き]

今日は「左利きの日」だそうです。

提唱したのは左利きのアメリカ人で、提唱者の誕生日から、というのが由来らしいのですが、はっきりしていません。
欧米ではこの日、左利き用道具専門店などでキャンペーンが張られるそうです。

日本では、この時期お盆と重なるため、「レフト(0210)」ということで2月10日を独自の「左利きの日」としています。

お盆と重なったから、どうということもないと思うのですが、まあゴロ合わせ大好きですからね。「左利き」は英語で「leftie」とか「left-hander」といいますが、もう一つ「サウスポー(southpaw)」という言い方があります。

これは元々野球から生まれたものです。
野球場は規則によると、マウンドを中心としてホームが西、2塁が東に向くように設営するのが望ましいとされており、左利きのピッチャーは、バッターからみて1塁側から手が出てくる、つまり南側から手が出てくることになります。

そこから、「南の手」=「サウスポー(southpaw)」となりました。
「ポー(paw)」というのは、「手」という意味です。

でも右利きの人は「ノースポー」とはいいませんね。

ちなみに携帯電話は「左手で使う仕様」になっているそうです。
電源の位置(右)と通話ボタン(左)とか、ジョグダイヤルの位置(多くは左側、今は中央にあるものが多い)は、もともと左手で使いやすいように設計されているのだとか。

これは、固定電話の受話器を右利き者が左手で持っていたことに由来しており、「左で受話器、右でペン」という慣習をそのまま踏襲しているためです。

最近、「左利き」というものを強く意識したのは、ニンテンドーDSの「脳を鍛える 大人のDSトレーニング」をやった時です。
…あ、これは分かる人だけでいいです。


posted by molten at 14:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。