2005年09月12日

[0817 ハノイ(17)]

ベトナム旅行記、第17回です。
8月17日も最終回。

では、どうぞ。

休憩を終え、再び1時間あまりのドライブをすると、もう夕食時になっていた。
ハノイでも有名なベトナム料理レストラン「ハホイ」で夕食をとる。

事前にベトナム語で書かれたコースメニューを受け取り、グェンさんに説明をしてもらった。
本場の生春巻きをここではじめて食べる。
さすが有名料理店というべきか、絶品だった。

腹一杯になるまで食べて、最後にデザートが出てきた。
グェンさんは、最後のメニューは「バナナデス」と言っていたのに、スイカやドラゴンフルーツなどの果物盛り合わせだった。確かにバナナもあったが。

どうもグェンさんの中で「デザート=バナナ」という方程式が成立しているようだ。

ビールも飲んでご満悦の僕ら。
本日最後のスケジュールは、ハノイで有名な伝統芸能「水上人形劇」鑑賞だ。
ノー勉(事前学習なし、の意)の僕は、それがなんなのか全くわからないまま、建物の2階にある劇場へと入った。

もともと水上人形劇は、稲刈りを終えてヒマになった農民が、娯楽として始めた操り人形の劇が、芸術として昇華したものらしい。
現在では海外公演も行っており、世界的に有名なのだそうだ。

実際に観たが、どうみても世界的に昇華された芸とは思えなかった。
水中から人形が登場し、跳んだりはねたりして、確かにオリジナリティはある。

しかしスダレの向こうで人間が差し金を操っているのが見えるし、最後は裏方が全員、スダレからバシャバシャ出てきてご挨拶である。
夢も希望もない。

ただ人形は、狐や竜、魚や船などもあってバラエティは豊富だった。
人間の顔も、アジアンテイスト全開で、白人にはオリエンタリズムを喚起させるに十分なデザインである。

日本なら「おてもやん」とか「ひょっとこ」のようなものだろうか。
しかし、一歩間違えるとブードゥーの呪い人形のような「毒」ももっている。
おみやげに買って帰ったら大変なことになりそうな、そういう怪しさもあって、なかなかよかった。

ホテルに着いたのは11時すぎ。
明日の夕方には、ハノイを発つ。
(続く)


ということで、次回から3日目が始まります。
posted by molten at 09:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Jet-Ragメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。