2005年09月23日

[0819 シェムリアップ(4)]

第27回です。
アンコール遺跡の入口での話です。

ではどうぞ。

免許取りたての少年が運転する車検切れの車にのって、僕らはアンコールへ向かう。
ホテルから15分で、アンコール遺跡の「入り口」へ到着した。

アンコール遺跡は、アンコールワットやアンコールトムなどを代表とする寺院遺跡群をいい、敷地内には大小様々な遺跡があるのだが、その敷地内へ入るために、入場許可がいる。

この入り口でその許可証を提示しなくてはならないが、僕らは初めてなので、ここでその許可書を作ってもらうことになった。
許可書には顔写真が必要というので、事務所に行き、写真を撮ってもらう。

ここの職員も、空港の人と同じでとにかく陽気だった。
デジカメで写真を撮るのだが、エイコ、僕の順で撮影するときに、「オネーサン、ハイ、ワラッテー。ハイオワリ。ハイ、オニーサン、オコッテー。」と日本語でジョークを飛ばしてくる。

僕は思いきり怒った顔をして、写真を撮った。

許可書ができるまで外で待っていると、許可書チェックをしている職員が、ヒマなのか僕らのそばに来て、「ニホンジン?」と聞いてくる。
うなずく僕ら。

そして、僕をみて「オニーサン、スコシカッコイイネー」と言った。
僕は「はは、ありがとう」と愛想笑いをていると、彼は続けて、

「ワタシ、メチャカッコイイネー」。

ネタである。日本人を笑わせるためのネタを持っているのだ。
しかも客をいじるタイプの。

エイコは爆笑だが、僕は、なんでこんな林家正蔵みたいな奴にいじられなきゃいけないのか、とちょっと複雑だった。

というより、カンボジア国民はみんなこんな奴ばっかりなのか、と疑問に思った。

写真データをパソコンで許可書に取り込むらしく、あっという間にパウチ加工された許可書ができあがった。

3DAYSパスポートということで、「8/19−8/21」という日付と、名前、それから顔写真の入ったカードが手渡された。

軽いノリで撮ってしまった、めちゃくちゃな激怒写真の入場許可書を、僕はこれから遺跡に入るたびに見せ続けることになる。
(続く)


カンボジアの人は、みんなこんな人ばかりじゃありません。ねんのため。


posted by molten at 22:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Jet-Ragメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

出会いを難しく考えてはいませんか?
Excerpt: 「仕事が忙しすぎて時間が無いから」「会社に異性がいないので出会いがないから」なんて思っていませんか?\n異性と出会う方法は世の中に色々あります。ナンパ、友達の紹介、お見合い、メル友等。普段出会いが無い..
Weblog: あや
Tracked: 2005-09-24 01:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。