2005年10月14日

[0820 シェムリアップ(24)]

第47回。
遺跡から離れて、オールドマーケットというところへいきます。

では、どうぞ。

遺跡巡りを終え、シェムリアップ市街地へ戻る僕ら。
昼食時にも打ち合わせしたとおり、今日は夕食がプランに入っていないので、夕食がてらオールドマーケットと呼ばれる市場を散策することになっていた。

ツアーはホテルに戻って終了となっていたが、それを変更して、オールドマーケットまで車で連れて行ってもらう。

昼食の時に、土居さんがソンディさんに、「オールドマーケットからホテルまでのバイクタクシー(トゥクトゥクという)の値段をタクシーの運転手と交渉して、その相場を僕らに知らせる」という指令を出していた。

「距離はそれほど遠くないので、1ドルよりも多かったら交渉してください」と土居さんも言っていた。

マーケットについて車が止まったが、ソンディさんは車を降りる気配がない。
すっかり忘れてしまったようだ。
しかたがなく、僕は「トゥクトゥクは1ドルで大丈夫ですよね?」とソンディさんに言ってみる。
ソンディさんがこれで確認してくれるかも、と鎌をかけてみたのだ。

すると、ソンディさんは、
「はい、そうですね。1ドルですね。」と即断。予想である。

…まあ、地元の人の意見だから大丈夫だろうと、いっこうに車を降りないソンディさんをあとに、僕らは車から出た。

6時もすぎて、日も傾きかけたオールドマーケットは、思ったより活気がない。
空は暗く、どんよりと曇っていた。雨が降りそうである。

オールドマーケットは、日本で言えば「アメ横」とか「中華街」のような雰囲気だろうか。
1キロ四方ほどのエリアに、碁盤の目のように細い路が走り、路の両側に雑多な店が並ぶといった感じだ。
大きな路で幅2、3mはあるが、細い路地になると人が一人やっと通れるほどで、両側から物売りが声を掛けてくる。
アーケードのように、大きな建物の中に店が詰まっている所もあり、そこでは日常雑貨や食品などが並べられていた。地元の人も利用するのだろう。

そのアーケードに入った瞬間、再び激しい雨が降ってきた。
トタンの屋根に打ち付ける雨の音を聞きながら、店を見て回った。
(続く)

文章ではなかなか伝わらないですかね…?


posted by molten at 14:44| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Jet-Ragメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。