2005年11月22日

[0822 ホーチミン(14)]

旅行記の第81回。
ベン・ゲーのサイゴン川ディナークルーズ。船内の様子です。

ではどうぞ。

希望通り、ベン・ゲーという会社(?)の主催する、ディナークルーズ船に乗ることが出来た僕ら。

僕はてっきり入場券のようなものを買うのかと思っていたら、受付の男の人はどうぞどうぞという感じで中へ入れてしまう。
中でチケットでも買うのだろうか、と思いながら、船に渡された板を渡って、船内へ。

船内はワンフロアまるまるレストランになっていて、テーブルと椅子が3列で並んでいる。その先には、ちょっとしたステージがあった。
食事をしながら、ショーでも見るのだろうか。

お客は半分ぐらい埋まっていて、そのほとんどがおそらく中国人だった。現地人かも知れない。
とにかく、ガヤガヤと盛り上がっている。

しかし、僕らはその場所には案内されず、そのまま階段で上の階へと連れて行かれた。
この船は3階まであった。
階をあがるごとに段々お客が減っていき、3階にはまだほとんどお客がいなかったが、案内された僕らの隣には、両親と娘であろう3人家族のベトナムの人が、すでに食事をしていた。

席についてメニューを見ながら、とりあえずビールを注文する。
すぐに缶ビールが来て、コップで乾杯する。

船に乗るための特別なチケットなどは無いようだった。
要するに船のレストランなのだ。食事をすれば、それでいいようだった。
ただ、料理の値段は高そうだった。写真と値段を見ながら、春巻きやエビなどを注文する。
カエルのももの唐揚げというのもあったので、その場のノリで注文。

外はすっかり暗くなっていた。サイゴン川の対岸には、エプソンとか何とか、企業のネオンサインが派手に輝いていた。

ようやく涼しくなってきたところで、川からの風も心地よい。
船はまだ出発していないが、僕はもうちょっとほろ酔い気分だった。
(続く)

この船、まだ動いてません。


posted by molten at 16:48| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Jet-Ragメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。