2005年11月25日

[0822 ホーチミン(17)]

連載第84回。
サイゴン川クルーズ、後半戦です。

では、どうぞ。

ホーチミンで、沖縄の「ゆいまーる」を聴く。
エキセントリックな体験である。それでいてあまり違和感がないのが不思議だ。

BGMのように船内に流れる曲を聴きながら、船は大きくUターンをし始めた。
いよいよ帰路である。
どこで引き返そうが関係ないぐらい、外には何もなかった。
単に時間の関係なのだろう。

しばらくするとエイコが急に、ある食事客の服装に異常な興味を示し始めた。
その客は日本人の女性二人組だったが、二人ともアオザイを着ていたのだ。

アオザイとは、ベトナムの民族衣装で、女性の身体のラインが明確に出る、要するにベトナム版のチャイナドレスだ。
上は七分袖で、下は足首ぐらいまで布で包まれるが、ももぐらいまでのスリットが入っている。

正直その二人は、似合っている人(A)と似合っていない人(B)の二人組だった。
日本の女性二人組を無作為に抽出すると、80%ぐらいがこの構成だろう。

つやのある原色で、日本では恥ずかしくて絶対に着られないこの服を、あろう事かエイコが欲しい、と言い出したのである。
脂肪分の行き場が無くて、血液に高密度で混じるぐらいの、このエイコがである。

「もっと現実をみた方がいい」とか「日本でどうするのか」とか色々説得をしたが、全く聞く耳を持たなかった。
彼女には、颯爽とした(A)さんの姿しか見えていないのだろう。

ガイドブックにも「現地でオーダーメイド!」とか無責任な扇動記事が載っていた。

近年まれにみる情熱をエイコに見た僕は、「わかった、一晩よく考えて、明日の朝も欲しかったら作ろう」と何とかその場をやり過ごすことに成功する。

そして、翌日。
エイコはまるで、熱病から冷めたように、
「昨日なぜあんなに欲しかったのかわからない」と、僕に語った。

「きっと、酔っていたんだよ」と僕は言った。やっぱり嫁は賢明だった。
(続く)


現地でみてると、ひょっとしたら日本でも着るかも、とか思っちゃうんですよねー。
ありえないですよね。


posted by molten at 20:11| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Jet-Ragメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。