2006年01月10日

[山ロ県]

「山口県」と「山ロ県」の違いはわかりますか?

後者は「やまろけん」です。「ロ」がカタカナなんです。
キーボードで入力するなら、「口(くち)」と「ロ」は間違えようがないはずなのに、インターネットで「山ロ県(やまろけん)」を検索すると、じつに384件がヒットします。

これはなぜでしょう?

続きを読む


posted by molten at 11:16| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

[Bad]

「悪い」という意味の英語「Bad」は、現在は「最高」という意味でも使われています。

それだけでなく、「Bad Mather Fucker」といえば「最高のミュージシャン」、「Bad ass」といえば「すばらしい」というスラングまであるようです。

「Bad」がいい意味に解釈され始めたのは、マイケルジャクソンの「Bad」が発表されてからだ、という説もあるそうです。


続きを読む
posted by molten at 16:36| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

[クランク]

「クランク(crank)」とは「直線運動を回転運動に変換させる機構」のことを指す言葉です。

バレーボールのポールを上下させるために使うレバーは、「クランク」の代表例ですが、転じてあのレバーの形状も「クランク」と呼ぶようになったそうです。

自動車教習所の「クランク」は、あとの方の意味ですね。

続きを読む
posted by molten at 17:54| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

[フレンチキス]

「フレンチキス(French kiss)」とは、どのようなキスか知っていますか?

僕はなにかの本で「軽く唇をあわせるだけのキス」だと読んだ記憶があって、ちょっと前までそう思っていました。

しかし、辞書を引くと「舌を絡め合わせる濃厚なキス」=「ディープキス」なのです。

実際には辞書の意味が正しく、僕が知っていたのは、以前日本で誤解されて広められたデマのようです。

何か、誤解したまま「フレンチキス」って使ったことが何度かあるような気がします。
今さらながら恥ずかしい間違いです。

続きを読む
posted by molten at 16:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

[夏のはまぐり]

今日はクイズです。

大阪、上方落語では「しゃれ言葉」というのが存在します。
有名なのは、「アリが10匹で『ありがとう』」というもの。

では、次のしゃれ言葉の意味は何でしょう?

1.赤子のションベンで、『?』

2.蚕のションベンで、『?』

3.牛のおいど(尻)で、『?』

4.黒犬のおいどで、『?』

5.うどんやのカツオで、『?』

6.妹の嫁入りで、『?』

7.四国の日和で、『?』

8.ところてんの拍子木で、『?』

9.八月の槍で、『?』

10.夏のはまぐりで、『?』
答えはこの下です。
続きを読む
posted by molten at 12:49| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

[ブルーム]

チョコレートを放っておくと、表面に白い粉のようなものが浮き立つことがありますが、あれを「ブルーム現象(blooming)」といいます。

「ブルーム(bloom)」とは「花」とか「開花」などを意味する言葉ですが、「ブドウなどにつく白いロウ」の意味もあり、そこからチョコレートにも使われたものと考えられます。

チョコの「ブルーム」のもとは2種類あります。

ひとつは、ココアバターという脂肪分が28℃を上回ったときに、溶けて表面で固まる「ファットブルーム(fat bloom)」です。

もう一つは、冷蔵庫に入れたチョコを外に出して放置し、表面に水滴が付いた時に、糖分がそこに溶けて、その後水分が蒸発して砂糖だけが表面に残る「シュガーブルーム(sugar bloom)」です。
続きを読む
posted by molten at 12:49| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

[アウンサンスーチー]

ミャンマー民主化運動のリーダー、アウンサンスーチー(Aung San Suu Kyi)氏が6/19に60才の誕生日を軟禁中の自宅で迎えました。

アウンサンスーチー氏は、ビルマ(現ミャンマー)の指導者、アウンサン将軍の娘として生まれ、1989年のクーデターにより、断続的に現在まで軟禁状態。現在は主治医にも満足に面会できない状態だそうです。

続きを読む
posted by molten at 20:18| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

[ヨッホ]

英語の発音を表す記号(音声記号)には、名前が付いているそうです。

例えば、「Axe(アックス)」の初めの音は「a」と「e」がくっついたような記号ですが、これは「アッシュ(ash)」という名前です。

ほかに、「シング(sing)」の最後は「n」の最後を下に伸ばして「g」のように書くものですが、これは「エング(eng)」というそうです。

そして、「e」を逆さまにした記号は「シュワー(schwa)」、「z」の最後をのばして「ろ」のように曲げたものは「ヨッホ(yogh)」とよぶのだそうです。

「ヨッホ」とか「シュワー」とか楽しい名前が付いてはいますが、一切その名を呼ばれない、かわいそうな記号たちです。

続きを読む
posted by molten at 20:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

[欲望の三角形]

「三角形的欲望」とも言います。

フランスの社会学者、ルネ・ジラール(Rene Girard)のことばで、「欲望とは他者の欲望の模倣である」とする説です。

要するに、あなたがそれを欲しいのは、他の人もそれを欲しいからだ、ということです。

言い方がカッコイイのでメモしておきますが、まあ、確かにそうですね。

続きを読む
posted by molten at 16:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

[ハム]

「ハム(ham)」というと、食べ物の「ハム」と「アマチュア無線家」の二つがあります。

食べ物の「ハム」は、本来「もも肉」という意味があり、もも肉を塩漬けにしたものをハムと呼んでいたのが、今のハムの形になったといわれています。
いわゆるハムのことを「ボンレスハム(boneless ham)」というのは、「骨付きハム」に対して「骨なしハム」といった、その名残です。

アマチュア無線の方は諸説あるようですが、有力なのが、英語圏では「へたくそな役者、素人役者」のことを「ham」ということから、という説です。

続きを読む
posted by molten at 17:31| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

[ディッパー]

英語で「ひしゃく」とか「すくうもの」という意味の単語です。

マクドナルドの「マックディッパー」は、魚のフライでソースをすくうところからこの名前が付いているのでしょう。

ちなみに「ビッグディッパー」というと、「北斗七星」のことを言うのだそうです。

たしかに、あれは大きいですね。

続きを読む
posted by molten at 18:32| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

[NIMBY]

「NIMBY(ニンビー)症候群」という言葉があります。

原子力発電所や、ゴミ処理施設など、「生活には必要だけど、うちの近所にできるのはイヤだ」と考える心理のことです。

NIMBYとは「Not In My Back Yard(うちの裏庭ではない所)」の略です。

続きを読む
posted by molten at 20:22| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

[洛陽]

本が爆発的に売れることを、「洛陽の紙価を高める」といいます。

中国、晋の時代に佐思(さし)という人物が『三都賦(さんとのふ)』という本を書いたときに、これを洛陽の人々が競って書き写したので、紙の値段が高騰した、という故事から生まれた言葉です。


続きを読む
posted by molten at 20:08| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

[トリアージ]

緊急災害時の対処法として最近「トリアージ」という言葉を耳にしました。

「トリアージ(triage)」は、フランス語で「選別する」という意味の「trier」 からきているそうです。

羊毛や、コーヒー豆の品質による選別に対して使っていたものが、負傷者の治療の優先度を症状をみて選別するときに使う言葉になったようです。

簡単に言うと、怪我人の症状が重いほど優先順位を上げますが、助からないと判断された人間は後回しにする、という選別法です。

続きを読む
posted by molten at 18:57| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

[狐の嫁入り]

いわゆる「天気雨」の事です。

古来、日本では婚礼の儀式として、花嫁が花婿の家に向かうときにたいまつを掲げた行列を従える、という風習があったのですが、婚礼の予定がないのに山にたいまつの行列が見えることがありました。
そうすると人々は「狐が嫁入りのマネをして人間を化かしているのだ」と伝えたことから、晴れの日に雨が降るような現象は、「狐の嫁入り」のようにありえないことだ、という意味で、「天気雨=狐の嫁入り」となったようです。

本来「狐の嫁入り」とは、火の玉現象のような、オカルトなものでした。

続きを読む
posted by molten at 19:18| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

[ドーラン]

俳優が顔に塗る白塗り化粧のことを「ドーラン」といいますが、これはドイツ語です。

「Dohran」と書き、ドイツの化粧品販売会社の名前で、明治期に渡ってきた油性の白粉(おしろい)が、このドーラン社のものばかりだったため、いつしか白粉自体の名前が「ドーラン」になってしまったのだそうです。

英語では「greasepaint(グリースペイント)」といいます。

続きを読む
posted by molten at 17:41| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

[混沌]

物事の区別のない状態を「混沌」といいますが、これは中国の伝説に登場する王様の名前です。

『荘子』応帝王編という章に、南海の帝「シュク(表記できない漢字です)」と北海の帝「コツ(忽)」が、中央の帝「コントン(混沌)」にお礼をする、という話が載せられています。

続きを読む
posted by molten at 19:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

[七光り]

親の名声で子供が恩恵を受けることを俗に「親の七光り」といいますが、正式には「親の光は七光り」といいます。
「親の光は七所照らす」とも言うそうです。

なぜ「七」なのか、調べてみましたが、あまり意味はないらしく、単に「たくさん」という意味で使われているようです。

続きを読む
posted by molten at 18:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

[おしゃか]

物事がダメになることを俗に「おしゃかになる」と言いますが、この「おしゃか」は「お釈迦様」のことです。

その語源は、江戸の金物職人が、火力を間違えて失敗した時に、「火が強かった」を「シがつよかった」と発音していたのが、「シガツヨカ」→「シガツヨウカ」→「4月8日」と聞き違えた、という説が元になっています。

4月8日は、お釈迦様の誕生日です。

続きを読む
posted by molten at 23:57| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

[パビリオン]

万博になると必ず登場する催し物会場を「パビリオン」といいますが、もともとパビリオンとは、「屋根のとがった建物」の意味があり、運動会などで使われる大型のテントや、サーカスなどで建てられる円すい状のテントなどのことを指すのだそうです。

僕はまだ愛知万博には行ってませんが、厳密な意味で「パビリオン」がいくつあるか、興味がありますね。

続きを読む
posted by molten at 15:10| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。