2005年08月09日

[グリーンランド]

北極海と北大西洋の間にある、世界最大の島がグリーンランドです。島の80%が氷に覆われています。

「グリーンランド」という名前は、島の発見者でノルウェー出身のエイリークという人物が命名したものですが、これは隣にある「アイスランド」と関係があります。

エイリークは初め「アイスランド」を発見、「アイスランド(氷の島)」と命名しましたが、その名前から、入植希望者は全く現れませんでした。

そのためエイリークは次に発見した島に「グリーンランド(緑の島)」と命名し、入植希望者がくることを期待します。
その時の名前がそのまま定着したというわけです。

現在グリーンランドはデンマーク領ですが、自治政府が置かれ、およそ6万人の人口があります。

いっぽう、アイスランドの人口は現在およそ30万人。

やっぱり、名前じゃないんですね。

続きを読む


posted by molten at 12:13| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

[民族指数]

第一次世界大戦終了後、ヨーロッパでは白人種の優性を科学的に証明するために「民族指数」というものが開発されたそうです。

民族指数は、その国民の血液型を調査し、
A型+AB型/B型+AB型
で算出でき、この数値が高いほど民族的に「優位」である、とするものです。
つまり、A型人口が高いほど優良人種だ、ということになります。

なぜかというと、猿の血液型はほぼB型であり(ゴリラがすべてB型、というのはトリビアでもやってました)、A型というのはチンパンジーになってはじめて登場するのだそうで、つまりA型というのは知能の高さの表れだというのです。

ところで、O型の方は…?

続きを読む
posted by molten at 15:37| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

[偕老同穴]

「かいろうどうけつ」と読みます。

中国五経の一つ「詩経」から取られた言葉で、「共に老い、死しては同じ穴に葬られる」という意味です。
転じて、夫婦が仲むつまじく連れ添うことを表す言葉です。

そして、この言葉と同じ「カイロウドウケツ」という生物もいます。

続きを読む
posted by molten at 11:39| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

[赤方偏移]

物体が光の速さに近い高速で離れていくと、それを見る人にとっては光の波長が長く感じることで、赤っぽく見えるようになる事を、「赤方偏移(せきほうへんい)」といいます。

これは救急車のサイレンが遠ざかるほど低く聞こえる「ドップラー効果」と同じで、「光のドップラー効果」ともいわれています。

逆に高速で近づいてくる物体は青っぽく見えるのだそうで、これを「青方偏移」というそうです。

続きを読む
posted by molten at 19:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

[お中元]

お中元という言葉にある「中元」の仲間で、「上元」と「下元」というのもあります。

中元とは、もともと道教に基づく「三元」とよばれる祝日の一つで、陰暦の7月15日にあたります。

ちなみに上元が陰暦1月15日、下元が10月15日です。


続きを読む
posted by molten at 16:25| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

[八朔]

「はっさく」と読みます。

主に瀬戸内海沿岸でとれる柑橘類ですが、「八朔」とは「八月一日」を意味し、旧暦のこのころ食べられるようになることからこの名前が付いている、とされています。

しかし、はっさくの収穫期は一般に2月頃とされ、旧暦8月(現在の9月ごろ)とは全く反対の時期です。

この矛盾を解決する答えはなく、全くの謎とされているようです。

続きを読む
posted by molten at 10:57| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

[マタイの法則]

有名人Aと、一般人のBという二者がいて、二人が同じような功績があった時に、有名人Aの方にその名誉が集まってしまうことが多く、そこから「有名人は何もしなくとも名誉が膨らんでくる」「富めるものはますます富む」という現象を「マタイの法則」といいます。

これは「新約聖書」にある「マタイ伝」からきている言葉で、「マタイ伝 第13章12節」には次のように書かれています。
「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」
文脈もあるのでしょうが、聖書の言葉にもかかわらず、夢も希望もない感じです。

続きを読む
posted by molten at 11:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

[河川]

川の名前を表す看板には「一級河川」「二級河川」などという名前が付いていますが、ランク付けをしているのは、河川法という法律です。

河川法によれば、「一級河川」とは国土保全上・国民経済上特に重要なであると国土交通大臣が指定した水系に属する川をさします。
一方「二級河川」というのは、公共の利害に重要な関係があるとして、都道府県知事が指定したものなのだそうです。

国が指定するのが「一級」、県知事が指定するのが「二級」というわけです。

続きを読む
posted by molten at 20:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

[消防隊進入口]

首都高などの高架道路を走っていると、外に建っているビルの窓に赤い逆三角形(▼)のシールが貼られた窓を見かけることがあります。

あれは「消防隊進入口」というもので、非常時にはここから建物内に進入できる、という意味なのだそうです。

そのため、あのシールが張ってある窓はすべて、開けられる窓(はめ殺しではない)になっている、ということになります。

非常時には役に立ちますが、泥棒から見れば、「あの窓は開けられる」ということですから、諸刃の剣ですね。

続きを読む
posted by molten at 15:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

[会議室]

男性は部屋が大きいほど穏やかになり、小さいほど緊張するのに対し、女性はその反対で小さいほど和やかになり、大きいほど緊張するという調査結果があるそうです。

そのため、大きさの違う部屋で裁判を行うと、男性の場合、部屋が大きい時は判決が甘くなり、小さい時には厳しくなった一方で、女性の場合はそれが反対になるのだとか。

圧倒的に男性が多い司法界においては、地方裁判所から高等裁判所、最高裁判所へと裁判所が大きくなればなるほど、判決が甘くなるということになります。

1審で負けても、どんどん控訴、上告すべきだということですね。

続きを読む
posted by molten at 10:55| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

[乙]

「甲乙つけがたい」の「乙(おつ)」という字ですが、よく「オツだねえ」とか「オツな味」などという時の「オツ」はこの字が当てられます。

これは邦楽で声の調子をあらわす「甲」と「乙」から来ています。

続きを読む
posted by molten at 15:28| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

[賞状]

賞状は普通、句読点が付いていません。

これは、「句読点とは、あまり文章を読めない人に対して、分かりやすくするためにつけるもの」という古来の日本の考え方が反映しているためです。

つまり、賞状をもらえるほどの人物に句読点をつけた文章を渡すのは、相手を見下すことになり失礼だ、というわけです。

今なら、例えば全部の漢字にルビ(読み仮名)が付いた賞状をもらったら、ちょっと馬鹿にされた気分になると思いますが、そういう事でしょうか。

現在、句読点のない文章などどこを見てもありませんから、古いしきたりだといわざるを得ませんね。

続きを読む
posted by molten at 15:44| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

[七つの海]

「七つの海をまたにかける」といいますが、七つの海とは、
北太平洋/南太平洋/北大西洋/南大西洋
インド洋/南極海/北極海
です。

太平洋と大西洋を南北で区切っているので、無理矢理な印象を受けますが、これを決めたのはイギリスの詩人で「ジャングルブック」などを書いたラドヤード・キップリング(Rudyard Kipling)という人で、1896年に彼が著した「七つの海」という詩集の中で、上の7つを示し、そこから「七つの海」という言葉が定着したのだそうです。

続きを読む
posted by molten at 20:10| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

[定休日]

床屋さんの定休日は月曜、美容院の定休日は火曜、というイメージがあります。

理・店の業界団体である「全国理容生活衛生同業組合連合会」によれば、1贈贈6年ごろまで同業の組合が賊業時間や定休日を定めていたそうです。

床屋や美容院は土日が忙しくなるため、明けの月曜、火曜が定休日と定めた組合が多く、そのなごりが今でも残っているのだとか。

現在は規制がないので、逆に月曜に賊業した方がお客は入るかも知れませんね。

続きを読む
posted by molten at 17:16| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

[ウサギとカメ]

有名なイソップ童話の一つである、「ウサギとカメ」。

油断をして昼寝をしてしまったウサギを、堅実なカメが追い抜いてゴールするというストーリーですが、この話にはいくつかの後日談があるそうです。

続きを読む
posted by molten at 15:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

[定礎箱]

ビルなどの入り口付近の低い位置に「定礎」という表示がありますが、これはその建造物の完成記念として、日付などを記したものです。

ビルの壁にプレートが貼られているのは「定礎板」、入り口付近に御影石などを置き据えるものを「定礎石」といいます。

そして、定礎板の裏側や、定礎石の下には、「定礎箱」という箱が隠されているそうです。

続きを読む
posted by molten at 18:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

[ダイコン]

ダイコンの絞り汁に、人間の血液を判別する特殊な血清をまぜて、反応を見ると、「O型」の反応を示すそうです。

これは、一部の植物の中に、人間の血液型を決定する「糖タンパク」という物質が含まれているからです。

植物にも「血液型」がある、ということになります。

続きを読む
posted by molten at 19:57| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

[クイズネタ]

今日、ちょっとしたクイズ大会に参加しました。

今回は、そこで得たクイズ知識を紹介しましょう。
・「キヨスク」はトルコ語で「あずまや」。

・「くのいち」は山田風太郎の考案。

・パソコンのマウスの移動距離を表す単位は、「ミッキー」。

・フランス語でおならは「ペ」。

・ソ連の勢力圏は「鉄のカーテン」だが、中国の勢力圏は「竹のカーテン」という。
まだまだ続けます。

続きを読む
posted by molten at 18:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

[ローマ数字]

「II」とか「IV」など、アルファベットで数字を表すのがローマ数字ですが、「X(10)」より大きな単位があります。

「I」…1、「V」…5、「X」…10の次は、
「L」…50
「C」…100
「D」…500
「M」…1000
なのだそうです。


続きを読む
posted by molten at 18:49| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

[ヴォイニッチ手稿]

「ヴィオニッチ手稿」とは、14世紀から16世紀頃に書かれたと言われる古文書で、「世界で最もミステリアスな書物」と言われている文書です。

1912年、ポーランド人のウィルフリッド・ヴォイニッチ(Wilfrid Voynich)が発見したことからこの名が付きました。

現在はフランス・イェール大学ベイニッケ図書館に保管されています。

続きを読む
posted by molten at 12:29| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。